就業時間については事前に把握しておこう

働く時間を自由に決めることができるフレックスタイム制度を導入する会社に転職するならば、いくつか心得ておくことがあります。まず残業時間を事前に確認する必要があることです。フレックスタイムはコアとなる時間帯を中心に、出社時間も退社時間も自分の裁量で決めることができます。けれども実情としては、繁忙期となると朝は早くから夜遅くまで仕事をするケースも見られます。

例えば家庭の都合によって出社時間や退社時間を決めることができれば良いのですが、漠然とフレックスタイムが便利だからと転職すると大変です。仕事が終わらないからと長時間労働を求められる事にもなります。まずは転職時に、きちんと就業時間についての同意を得ることが大事です。また、フレックスタイム制度を導入していても、実はみな普通に出社しているという会社もあります。そのような中で自分だけ遅く出社するというのも気が引けるものです。職場の雰囲気も確認しておくことが必要でしょう。

また、フレックスタイム制度を導入している業種は限られています。主に個人で開発などに携わるような仕事が多く見られますが、そのような経験が必要なのかどうかも転職では大事なことです。もし必要とあれば、まずは必要な経験を積む意味でも通常の会社で実績を積む必要があります。いずれフレックスタイムの働き方を考えるのであれば、計画的にキャリアを積むことが大事です。どんな職種に就くことができるのかを知っておきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です